演劇ユニット「エストロゲン」公式ブログ。
プロフィール

演劇ユニット エストロゲン

Author:演劇ユニット エストロゲン

演劇ユニット「エストロゲン」公式ブログ。
次回公演予定。

演劇ユニットエストロゲン
『チョコレートの楽しみかた』
脚本 羽鳥冴
演出 舞可


2016年5月21日(土)、22(日)
@インディペンデントシアター1st

cast
キム・チゲ子
羽鳥冴
ふろむ

staff
舞台監督:佐藤智之
舞台装置:水戸俊輔
音響:稲田祐二
照明:つぼさかまりこ
小道具:松井優、川辺美紗子
制作:増谷あゆみ
宣伝美術:kaori

Twitter:@estrogen_choco
Blog:http://unitestrogen.blog.fc2.com
Mail:unit_estrogen@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんは、神楽です。
ゴールデンウィークが終わってしまいました……
稽古に観劇にワクショに、まさに芝居漬けの休暇でした。

観劇は、本日千秋楽を迎えた、私たちの出身劇団・展覧劇場の新歓公演に行ってきました。
はやいもので、卒団してもう1年が過ぎました。その間、展覧劇場の公演はほとんど見に行きましたが、中でも今回はとりわけ面白かったと思います。

まず脚本が先が読めなくてよかった。
それから……後輩役者の想像以上の成長に驚かされました。

たった1年、その中でも前回見たほんの数ヶ月前よりも、格段に成長したものを舞台上に持ってくる役者たち。
過去にはシリアス芝居ができない、なんて思っていた役者に演技で泣かされる日が来るなんて……
驚きと悔しさと、それから焦りを感じました。

約1年現役を離れていたとはいえ、私はこうして今、再び舞台に立つ道を選んでいます。
現役役者であるという意味で同じフィールドにいるといえますが、あれほどの成長に繋がる日々を送れているのかと思うと、なんとも言えない不安があります。

今回の展覧劇場の舞台でも、華々しく成長していく輝く役者と、伸び悩む役者の対照性を見た気がしています。
貪欲で素直で、「自分のスタイルであること」にこだわらない役者たち。それこそが、新しい自分というスタイルを生み出し、眩しいくらい輝く役者になれる資質だと感じました。

伸び悩む役者たちは、みんな自分の長所を知りつくし、それを生かすことから考える。
それはそれで役者としての大切な武器だと思います。
けれど、「自分らしさ」という殻にとらわれて、「自分らしさ」を見つけるためにがむしゃらに足掻いて成長していた頃のひたむきさを忘れているのではないか。

役者はみんな、もっと今以上、を常に求めているものです。
そしてその可能性は、経験の浅い者ほど無限大です。
武器になるものがない分、なりふりかまわないからです。
なりふりかまわないひたむきさこそが、実は経験や技術よりもっとも大切な武器なのかもしれません。

ある程度上手いけれど、それ以上でもそれ以下でもない。
なんとなく輝かない、なんとなくくすんでいく役者ではいたくない。
成長し続け、変化し続ける役者でいたい。


まだ稽古一週間目ですが、思い返して考えさせられる舞台でした。
セオリーにとらわれない自分でいたいな。
思っていても難しいものなのですが……

後輩たち、ありがとう。そしてお疲れさま!


スポンサーサイト
<< 始めての…… // ホーム // 最後の晩餐? >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://unitestrogen.blog.fc2.com/tb.php/12-4191687a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。